配色パターン:赤


「赤」を使ったHPの配色例です。

赤は情熱、興奮、革命、危険などをイメージさせる色です。
また、人の感情を一番刺激させる色です。

赤を使う場合、背景を白にするとより赤が引き立って見えます。
アクセントカラーにオレンジの補色(反対の位置にある色)である青を使っています。
こちらも背景色は白。彩度の高い赤と黄色に黒に近い無彩色を合わせることで
はっきりした印象になっています。
明度の少し低い赤を使うと、和風やアジアンテイストに近くなります。
こちらも白に近い背景色を組み合わせることで、インパクトの強いデザインになっています。
黒と彩度の高い赤の組み合わせは、典型的なビコロール配色です。
強い印象のデザインとなります。