色彩・配色イメージの決め方

色彩イメージの決め方
HPのデザインやインテリアなどは配色のイメージを決めることで
印象が全く違うものに変わっていきます。

「明るくてさわやかな感じにしたい!」
「ロマンチックな感じにしたい!」
「・・・でもどういう色にしたらいいの?」

こんなことはよくありませんか?

色彩イメージを決めるには

・色相のイメージ
・トーンのイメージ
・配色のイメージ

この3つのイメージを複合的に考えていくとまとまりやすくなります。

たとえば「明るくてさわやかなイメージ」にするとすれば、
白、ブライトトーンの寒色系を組み合わせればよいことになります。

以下、色相、トーン、配色ごとにイメージをまとめてみました。

色相のイメージ
赤:情熱的、活動的 情熱的、活動的 オレンジ:元気、活発 元気、活発
黄色:明朗、陽気 明朗、陽気 茶色:安心、穏やか 安心、穏やか
緑:新鮮、安全 新鮮、安全 青:清潔、平静 清潔、平静
紫:神秘的、高貴 神秘的、高貴 黒:重厚、フォーマル 重厚、フォーマル
グレー:洗練、渋い 洗練、渋い 白:明るい、純粋 明るい、純粋

トーンのイメージ
ビビッド:派手、鮮やか ブライト:明るい、陽気
ストロング:情熱的、強い ディープ:濃い、深い
ライト:さわやか、軽い ソフト:柔らか、穏やか
ダル:くすんだ、鈍い ダーク:円熟、暗い
ペール:かわいい、やさしい グレイッシュ:濁った、地味
ライトグレイッシュ:落ち着いた、渋い ダークグレイッシュ:重厚、固い

配色のイメージ
穏やか:低彩度・中明度で暖色が中心。配色のコントラストが小さい。
さわやか:高~中明度色が中心。白や寒色系の色使いが主体。
柔らか:低彩度・高明度で暖色が中心。配色のコントラストが小さい。
自然:低~中彩度でベージュ、ブラウン、グリーンの組み合わせ。
華やか:暖色系を中心に、色相、彩度のコントラストをつける。
優雅:グレイッシュな暖色系の低彩度色が中心。繊細な配色。
現代的:低彩度色で明度差をつける。黒と高彩度の強調色を配色。
伝統的:低~中彩度、低明度の暖色系でグレイッシュな配色。
活動的:純色の暖色を中心とし、青系の色でアクセントをつける。
都会的:中明度、低彩度の青系の色を中心に、中明度の灰色を配色。